キャバクラの保証時給て何?保証期間中にやるべきことを解説!

キャバクラの保証時給は“入店後しばらく保証される時給”のこと


キャバクラで稼ぐためには、自分を指名してくださるお客さんの存在が不可欠です。しかし、そうは言ってもナイトワークを始めて間もない新人の頃は、まだ指名客がついていないために思うような金額を稼ぐことはできない女の子がほとんど。

お店側もそのことはよくわかっているので、多くのお店では本入店後しばらくの間は、給料を保証してくれる期間を設けています。

保証時給とは
こうしたお店に慣れるまでの期間や、お客さんの指名を獲得できるようになるまでの期間の給料は、「保証時給」と呼ばれます。

保証時給の金額は面接後に決まる

キャバクラの面接に合格すると、保証時給が設定されます。保証時給は大体3,000円~5,000円が一般的です。保証時給を決める際、未経験者は店側に任せるのが良いでしょう。

店によっては面接で、「希望時給」を尋ねられることがありますが、希望時給とは保証時給のことです。

POINT
絶対に希望額が通るとは限りませんが、どのくらいが妥当なのか見当がつかない人は、お店のセット料金の5割程度(中級クラスの1セット60分7000円のお店なら時給3,000円~4,000円くらい)を参考にして伝えると良いでしょう。

新人キャバ嬢やキャバクラ未経験の女性にとって、保証時給を決める際に一番アピールとなるのが「シフトに多く入れるかどうか」です。たくさん入れる子は、フリーのお客様に付くチャンスが増えるので、お店としても育て甲斐があります。

できるなら、週4以上の勤務希望を伝えるのが有利です。また、終電以降の遅い時間まで働くことができる、週末や休日に出勤できるのもお店から歓迎される条件のひとつ。

千夏
やる気があることを印象づけるためにも、面接時点でしっかり伝えておくことをおすすめします。

アラサーがキャバクラの面接で注意すべきことはこちらで紹介しています!

保証期間はだいたい1ヶ月~3ヶ月


保証期間はだいたい1ヶ月~3ヶ月に設定されるのが一般的ですが、お店によって違うので期間はどれくらいなのかをきちんと確認しておきましょう。

注意POINT
保証期間中の仕事ぶりで今後の時給が決められます。保証期間が短いほど、より緊張感と危機感をもって結果を出す必要があります。

のんびり構えていたら、後で泣くことになります。

保証期間中はお客さんを掴むための努力をする


保証期間中は、新人として多くのフリーの席に回してもらえます。以前から在籍しているキャバ嬢よりも優先的にフリーの席に付けるので、チャンスに恵まれます。

保証期間は、お店が今後への期待を込めて、実力以上の時給を先払いしてくれている期間です。保証期間中にお客様を掴むことが何よりも大切です。たとえ場内指名をもらえなかったとしても、お客さんと積極的に連絡先を交換して、マメに営業メールを送るといった努力が重要。

千夏
仮に良い成績が残せなかった場合でも、意欲や姿勢も考慮した上で時給を決めてくれる可能性が高いので、最後まで諦めずに頑張りましょう。

時給が保証されているからといってダラダラと過ごしてしまうと、期間が終了した時に低い時給設定になったり、最悪だとクビになるケースもあります。保証期間中に頑張って仕事に打ち込んで、早く稼げるようになった方が絶対にお得です。

保証期間関係なく永久的に時給が保証されている派遣キャバ嬢の働き方はこちらで詳しく解説しています。