キャバ嬢の結婚相手で最も多いのは?│婚活目的でキャバクラで働く!

お金持ちと結婚したいからキャバクラで働くキャバ嬢は多い


結婚相手を探すためにキャバクラで働き始めることは、決して悪いことではありません。

千夏
実際に、お金持ちと結婚したいからという理由で、出会いや婚活を目的にキャバクラで働くキャバ嬢は結構多いんですよ。

キャバクラで働いていると、指名をもらうためにお客さんとの連絡先交換は必須です。なので好みかどうかには関係なく、多くの男性とスムーズに連絡先を交換できます。

連絡先の交換を断るお客さんはほとんどいませんし、何度かお店に通って来てくれるうちに一緒にお酒を飲んだり、同伴やアフターでご飯を食べる機会あると、デートをしているような感覚になります。

キャバクラはお客さんと1対1で話す場面が多いので、短期間にお互いのことを知り合い、良い雰囲気になれるのです。

最初のうちは熱心に営業をしているつもりだったのが、いつしか本気で好きになってしまうこともあります。

キャバクラに来店されるお客さんは、基本的にお金に余裕のある方がほとんど。
マメに通ってくれる人ならなおさらです。

メモ
お金に苦労した経験からキャバ嬢になっている女の子も多いので、一流企業のサラリーマンや経営者などお金持ちのお客さんのことを、付き合う相手や結婚を考える相手として理想だと考えるのは、ごく自然な気持ちかもしれません。

キャバ嬢の結婚相手で最も多いのは同業者


実際には、キャバ嬢の結婚相手として最も多いのが、いわゆる同業者です。同業者というのは、ホストやボーイ、キャバクラの店長など、同じ夜職の人達のことを指しています。

キャバ嬢と同業者との結婚が多い理由としては、もともとホストクラブ通いが好きなキャバ嬢が多いため、必然的にホストと結婚する人が多くなるという傾向がみられます。

ナイトワークをしていると、出会いのチャンスは限られてきます。ボーイや店長というのはキャバ嬢にとって身近にいて、女の子の悩みを聞いて相談に乗ってくれたりする存在です。

千夏
長い時間を店で一緒に過ごすことになるので、好きになって恋に落ちやすいんですよね。

ただ、同じ店のボーイとの恋愛は風紀という罰金対象になるので、堂々と付き合うことはまずありません。こっそり付き合うか、どちらかが店を辞めたり移ったりするケースが多いです。

知名度が高いキャバ嬢ほど太客と結婚する確率も上がる


男性は綺麗な女性を連れているのがステータスと思っている方が多くいらっしゃいます。そのため、有名なキャバ嬢ほど富裕層の男性に気に入られやすい傾向があります。

そして、有名な売れっ子キャバ嬢は、ファッションやメイクはもちろん、美容院やエステサロン、まつエクやネイル、美容外科や審美歯科など、自分という商品を美しく保つためにたくさんのお金をかけています。

一般的なOLとは比較にならないほど、生活費以外にプラスアルファの収入が必要となります。

POINT
特に銀座のキャバクラに来るお客さんはお金持ちが多く、いわゆる「太客」と呼ばれるお金持ちのお客さんとキャバ嬢の結婚は、お互いのニーズがマッチするので、結果として結婚率が上がるのです。

銀座のキャバクラの時給相場や客層は『アラサーがキャバクラの求人を探すなら赤羽・銀座・新橋がおすすめ!』の記事で紹介しています。