キャバクラで指名客を掴むには『場内指名』がどれだけ取れるかがキモ!

キャバ嬢にとって一番重要なのは「本指名」


キャバ嬢にとって重要なのが、お客さんから指名をもらうことです。指名には「本指名」と「場内指名」の2種類があります。

本指名とは
本指名とは、お店に来たお客さんが来店した時点で、どのキャバ嬢を指名するかを決めてこられている指名方法のことを言います。

初めての来店でいきなり特定のキャバ嬢を目当てにして、そのキャバ嬢を本指名されるお客さんがいないわけではありませんが、ほとんどの場合はリピーターのお客さんです。

場内指名とは
来店時点には特に指名のないフリーのお客さんが、店内で途中からキャストを指名される指名方法のことを言います。

入れ替わりで席についたキャストの中から気に入った女の子を指名する場合や、最後についたキャストを延長したい場合などがあります。

POINT
本指名をもらうのは、場内指名よりも難しいです。そのため、バックの金額が多くなっています。
千夏
キャバ嬢が稼ぐために一番重要なのは本指名をもらうことなんです。

本指名を貰う前の段階として「場内指名」はとても重要


キャバ嬢が本指名を取るのは、決して簡単なことではありません。
まずは、場内指名を取れるようにコツコツと努力を続けることがとても重要です。

場内指名をもらえれば、キャバ嬢のお給料アップに直結します。場内指名料のインセンティブがお給料に上乗せされるのです。

お店のルールにもよりますが、場内指名のポイントが付く方式のお店の場合だと、翌月の時給にも反映されます。

なので、場内指名を多く取ることができれば、その当日だけではなく、翌月のお給料も増える可能性があります。

POINT
場内指名をくださるお客さんは、ドリンクやフードを頼ませてくれるケースも多いです。場内指名のインセンティブの他にドリンクバックやフードバックも獲得できれば、ますます報酬が増えるという好循環が生まれます。

ついた席で場内指名を取れるキャストは、お店から見て期待大の有望株。
指名料がお店の売上にもなり、次回以降の来店に繋がっていけば長期的な売上も見込めるため、ボーイや店長が優先的にフリーにつかせてくれる傾向が見られます。

お客さんがキャバクラで支払われるのは、セット料金以外に指名料金も加算された金額です。本指名は場内指名よりも高額になるので、軽い気持ちでは本指名できないと考えるお客さんが多いのは当然ですよね。料金に見合った接客サービスを受けているという満足感が得られなければ、本指名をしたいとは思っていただけません。

千夏
場内指名は、そのキャバ嬢にお客さんが興味を持ってくださっている証です。

場内指名をいただいた時の接客への満足度次第で、次回以降の来店や本指名に繋がる可能性が高まります。本指名をもらう前段階として、場内指名はとても重要です。

場内指名をもらったお客さんには、ご来店へのお礼メール・メッセージをはじめ、さりげない近況報告やお店での会話の続き的な話題など、こまめな連絡を欠かさないようにするのがポイント。

…とはいえ、あまりに露骨で必死なアピールをしすぎると、お客さんはうんざりしてしまわれます。

注意POINT
場内指名はお試し的な意味合いが強く、「今度は私を本指名してくださいね」という圧があまりにも強いと、逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。

キャバクラで場内指名をもらうコツ


メリットいっぱいの場内指名をコンスタントにもらうためには、限られたチャンスを確実にものにすることが欠かせません。

キャバクラでは、フリーで来店されたお客さんの席の場合、15分~20分に1回くらいの頻度でキャバ嬢が交替するシステムになっています。

お客さんに好みの女の子を見つけてもらうことを目的としたルールですが、このキャバ嬢が交替するタイミングこそが、場内指名をもらうチャンスなんです。

話が盛り上がっていたり、見た目が好みのタイプだったりした場合、お客さんはキャバ嬢の交替を残念がってくれるはずなので、そこで上手に可愛くおねだりをするのがコツ。

POINT
ボーイさんから呼ばれたら、「他の席に行きたくないなぁ」「もうそんな時間?もっと○○さんとお話していたかったのに~」など名残惜しそうにすることで、場内指名をしてもらえる確率がグンと上がりますよ。

また、店内の待機席にいる時も気を抜けません。ふと目に入ったキャバ嬢の見た目が好みだった場合も、実は場内指名をもらいやすいチャンス。

常に自分は見られているということを意識して、とにかく目線を合わせること。ニコッと笑顔でアピールして、お客さんに印象づけましょう。

第一印象で好感をよくするためには実年齢より若く見えるキャバ嬢の特徴の記事を読んで研究しましょう!