水商売をしている自分の将来が不安!キャバ嬢も副業で選択肢を増やす時代

水商売をしていることで将来に不安を感じる人は多い

  • 「昼の仕事より稼げる」
  • 「奨学金を返済したい」
  • 「借金を返済したい」
  • 「遊ぶお金が欲しい」
  • 「華やかな世界への憧れ」
  • 「将来、自分の店を持ちたい」
  • 「昼の仕事では出会えない人と知り合いたい」

など、キャバ嬢として働き始めるきっかけや理由は人それぞれだと思います。ただ、実際に夜の世界に飛び込んで働いてみて、水商売をしている自分の将来に不安を感じる人は多いです。

コロナ禍で世の中の状況が大きく変わってしまい、今は水商売が昔のようにはできなくなりました。水商売そのものが一生安定して働き続けられる職業ではなく、しっかり稼げる期間は限られています。

メモ
高級シャンパンを開けてくれたり、ブランド物のバッグをプレゼントしてくれるようなお客さんに囲まれた、夜の世界特有の華やかな生活はいつまでも続かないものです。

それなのに、一度贅沢を覚えると金銭感覚が狂ってしまって、つつましい生活に戻れなくなる人も結構います。

また、お酒を飲む機会が多いため肝臓への負担がかかり、基本的に昼夜逆転になるため、健康的な生活リズムとは程遠いです。

千夏
体力的な限界を感じる年齢も、昼の仕事と比べてかなり早いですよね。

そして、キャバクラに限らず水商売全般に言えることですが、社会的地位が低いことも将来に不安を感じる要素のひとつですね。

たとえば、アパートやマンションなど賃貸の契約の時など、収入が不安定だとして審査が通りにくかったり、昼夜逆転生活による騒音トラブルなどを懸念して、管理会社が部屋を貸したがらないケースもよくあります。

いつか昼の仕事に戻ろうと思った時、履歴書に水商売をしていたことを正直に書くかどうかも悩ましい問題です。

POINT
偏見を持たれるのが嫌だからと言って空白の期間を作ってしまうと、その期間は何をしていたのかと疑問を持たれるかもしれません。

水商売が将来的になくなることは無いけど…


この世に男女がいる限り、水商売というものは未来永劫なくなることはないでしょう。現に、かなり昔から水商売は時代の流れに合わせて形を変えながら続いてきました。

でも、今の時代はこれまでのように「1人=1つの職業」という働き方ではなくなってきています。働き方改革の影響もあり、副業を持つことを認める企業も増えてきて、複数の職業を持つ時代が来ているのです。

千夏
長く続けられない夜職だからこそ、こうした時代の流れに乗り遅れることなく、将来を見据えた人生プランを早めに描いておくことが大切ですよ。

1日単位で単発働けるキャバクラ派遣の働き方はこちらで紹介しています!

キャバ嬢がしている副業


私もコロナ自粛をきっかけに、副業を始めました。私の周りでも副業をしているキャバ嬢は何人もいます。ここからは、実際にキャバ嬢がしている副業について、具体的にいくつかご紹介していきます。

得意なことをお金にできる『ココナラ』

CMでもおなじみの『ココナラ』は、スキルのフリーマーケットサービスです。年齢制限もなく経歴も全く関係ないので、誰でも自分の得意分野を活かして、自分の持っているスキルや知識・知恵を自由に売り買いできます。

たとえば、イラストやデザイン、英語、占い、動画制作など、200以上の豊富なカテゴリから、自分の得意なことでスキマ時間を使って手軽にお金を稼げますよ。

千夏
実は私も登録していて、恋愛相談をメインにしたタロット占いをやっているんですが、キャバクラでいろんなタイプのお客さんを見ている経験がとても役立っています。

ネット関係に詳しいなら『ブログアフィリエイト』

WEBサイトを自分で作れる知識があったり、ネット関係に詳しい人なら、ブログアフィリエイトがおすすめ。世の中のトレンド情報や趣味に特化したテーマのブログを立ち上げて、広告収入で稼ぐことができます。

いきなり大金を稼ぐのは難しいですが、努力と工夫次第で収益アップの可能性があります。アフィリエイトとは、ブログで商品やサービスをの魅力を丁寧に紹介することで、その商品が売れた場合に紹介料をもらえる仕組みです。

POINT
文章を書くのが好きな人や情報をリサーチするのが得意な人なら、楽しく続けながらお金も稼げるので苦にならないはず。取り上げる商品やサービスの選び方次第で、いくつになっても稼ぐことができます。

堅実派のキャバ嬢なら『投資』

堅実にお金を貯めるには、投資にチャレンジするのもいいですね。

株式やFX、ビットコインなど、初心者でも気軽に始められます。経済のことがちんぷんかんぷんではさすがに難しいですが、経済に興味があって勉強するのが苦にならない人なら大丈夫。

投資は若いうちから経験を積んでおく方が圧倒的に有利です。何事にもチャレンジにリスクはつきものですが、同年代のOLより給与が高いという点が水商売のメリットだと言えます。投資の元手を用意するハードルが低い分、スピード感のある稼ぎ方が期待できます。

POINT
最初から詳しくなくても少しずつ勉強していけば、年齢を重ねるにつれて周りとは比較にならないほど稼げるようになっているかもしれません。

ある程度の知名度があるなら『インフルエンサー』

ツイッターやインスタなどのSNSでの発信は、ものすごく大きな拡散力を持っています。キャバ嬢として、もしくは全く別の趣味や特技の世界である程度の知名度がある人なら、インフルエンサーになることでSNS投稿から報酬を得られます。

インフルエンサーは、一般的に企業や広告代理店からの依頼を受けて、指定された商品やサービスを自分のSNSで紹介するPR投稿で収入を得ています。

事務所に所属する形で活動すれば、投稿するたびに報酬がもらえるだけでなく、もし炎上やしつこいアンチやストーカーからの迷惑行為があった場合、事務所が間に入って助けてくれるので心強いです。

また、企業から依頼がきた時のやり取りや打ち合わせのスケジューリングなど、マネージャーが付いて対応してくれるので安心です。