30代だからこそナイトワークで(水商売)デメリットになること3つ

30代でナイトワークを始める時にデメリットになること


30代からでもナイトワークを始めることは十分可能です。若い子にはない、30代ならではの落ち着いた雰囲気や知性が武器となって、大人の女性との会話をじっくりと楽しみたい男性のニーズに応えられるでしょう。

千夏
ただ、やはり体力面やお店の選び方など、デメリットがあるのも事実です。

ここでは、30代だからこそ、ナイトワークを始めようとする時にデメリットとなってしまう3つのことを解説します。

30代だからこそナイトワークでメリットになることはこちら!

訳アリな人だと思われる可能性がある

10代・20代でキャバ嬢を始めるのと、30代で水商売デビューするのとでは、周りからの見られ方がだいぶ違ってきます。若いうちは

  • 単純に興味本位
  • 将来へのステップとして経験を積みたいから
  • 目標に向かって短期間でお金を稼ぎたいから

など、比較的前向きな理由で楽しくスタートする人が多いです。

でも、30代から始める場合だと、どうしても訳アリな人だと思われる可能性があるのだデメリットとなります。

もちろん、単純に水商売に興味があったからという人もいますが、例えばシングルマザーとして子どもを育てていかなくてはいけないとか、家族が失業して自分が生活費を稼ぐ必要が出てきた、結婚詐欺に遭って借金を抱えてしまった、など様々な事情のある人が結構いるのも事実です。

だからといって、お互いにそうした事情を詮索し合わないのは大人として当然の配慮なので、わざわざ打ち明ける必要はありません。

千夏
気にせず仕事に励みましょう。

年齢に伴う老化

ナイトワークを始めると、当たり前のことですが昼夜逆転して、不規則な生活リズムになりがちです。20代までは少々の夜更かしが続いても平気だったのに、30代になると体力が落ちてきて同じようにはいかないもの。慣れるまではキツイなと感じることもあるでしょう。

20代の頃と比べて肌トラブルが増えたり、いったん脂肪がつくと落ちにくくなったりします。

メイクをしたまま寝る、夜中にカロリーの高い食事を摂るといっただらしない習慣が続くと、20代の頃のように簡単に回復できなくなります。健康を気遣った食事内容を心がけ、ボディラインが中年っぽく崩れないように運動やエステなどでメンテナンスをする努力が欠かせません。

注意POINT
特に、昼間の仕事と掛け持ちする人は、慢性的に寝不足が続いて疲れが溜まりがち。無理をすると体を壊しやすくなるので、オーバーワークにならないよう働くペースには注意してくださいね。

ストレスがたまるとホス狂いや枕営業に走るキャバ嬢もいるので気をつけましょう。

固定観念の強さ

30代は、ナイトワークで即戦力になってもおかしくない年齢です。それなのに、業界未経験であることや固定観念に捉われて、“こうあるべき”という自分のこだわりが強く出てしまうと、ただの扱いづらい年増と思われてしまいます。

思い込みを捨て、フラットな気持ちで取り組む姿勢が大切です。

30代女性がナイトワークを始める時に重要なのは“素直さ”


30代になると、自分のやり方や人生観を持っている人も多くなるので、ついいろいろな場面で強情になりやすいもの。

千夏
でも、何事も素直さを忘れないことが重要です。

特に、ナイトワークは20代がメインの業界なので、30代からデビューしようとすると、仕事のことを教えてくれる先輩や一緒に働く同僚のほとんどが年下の場合も少なくありません。

それでも、「年下のくせに私にそんな物言いをするなんて生意気」だなどとは思わず、素直に聞き入れる姿勢が大事です。30代の落ち着きがありながらも水商売慣れしていない初々しさや素直さを感じさせる接客は、お客さんからも好感を持たれますよ。

30代未経験からでも働けるスナックの仕事内容はこちらで紹介しています!