ガールズバーはアラサーでも働ける?働くなら心得ておきたいこと3つ

ガールズバーはアラサーでも働ける


ナイトワークの中でもキャバクラよりも敷居が低めなのが、ガールズバーです。
ガールズバーといえば、20歳前後の若い女の子が働いているイメージが強いと思いますが、実際そのくらいの年齢の子が中心で、フリーター、大学生・専門学校生などが多いです。

とはいえ、ガールズバーは18歳以上であれば勤務可能で、「○歳じゃないといけない」という決まりや年齢の上限は特にありません。年齢だけで採用・不採用が決まるわけではなく、20代後半~30代前半のアラサーでも働けます。

ただ、実年齢よりも極端に老けて見える、トークのノリが若くない、体型が中年っぽいなど、明らかに年齢を感じさせる人の場合だと採用は厳しいです。
もともと若い女の子が多いというイメージの強い場所なので、アラサー女性がガンガン応募してくるということはないですけどね。

例えば
童顔で可愛らしい声の持ち主など、普段から実年齢より若く見られがちな人だと不利になることは少なく、アラサーなのに若見えすることがむしろ有利になるでしょう。

年齢やルックス以外にも、トークの上手さや接客スキルなどを総合的に判断して採用するかどうかが決まります。

ガールズバーに来客するお客さんの年齢層は幅広く、20歳そこそこの大学生から中年サラリーマン、60代くらいの方までいろいろです。ガールズバーで働くには、そうしたお客さんに対応するスキルが求められます。

千夏
アラサー女性がガールズバーで働くこと自体は可能ですが、ナイトワークや接客業が全くの未経験の場合はどうしてもハンデがあることを理解しておきましょう。

若く見えるキャバ嬢の特徴はこちらの記事で紹介しています。

ガールズバーでアラサーが働く際に心得ておきたいこと


アラサー女性がガールズバーで働くためには、あらかじめ知っておいた方が良い、覚悟しておいた方が良いことがいくつかあります。

ここでは、ぜひ心得ておきたい3つのポイントをお伝えします。

①同世代の女性はあまりいない

ガールズバーでは、自分以外のスタッフは年下の可能性がとても高いです。基本的に同世代の女性はあまりいません。

そのため、ジェネレーションギャップを感じるのは仕方のないことですし、何となく浮いてしまって孤立感に悩む可能性もあります。

②年齢のことでいじられる可能性

年齢を自分からわざわざ言う必要はありませんが、聞かれた場合に正直に答えると、お客さんから「ガールズ婆(ばあ)じゃん」などといじられる可能性はあります。

千夏
そういったやり取りがツラいなら、年齢のサバ読みをするのはOKなので、適当に答えておきましょう。

③短期間しか働けない

採用された時点でアラサーの場合は、いくら頑張っても最大で数年しか働けません。

30代中盤になってもガールズバーで働いている女性はほぼいないので、辞めざるを得ない空気がどうしてもあります。

長期的に働きたいならアラサーは赤羽・銀座・新橋のキャバクラ求人を探すのがおすすめ!